英語は毎日勉強することが大切。おうちでできます。

英語を身につけるためにどうすれば継続して勉強できるの?

英語学習において大事なのは、英語を勉強する原動力になります。
そもそものモチベーションという意味においては、英語を勉強するための原動力をしっかりと生み出すというのが重要になってきます。

英語はあくまでも1つの手段です。
何かを伝えるための手段ですので、その手段を身につけるには、何かを伝えたい思いとか、目的が絶対に必要になるのです。
ビジネスで英語が必要だったり、海外に転勤したいからといったものでも良いです。

どのような内容でも良いですが、まずはこのような強い目的を持つというのが極めて重要になってきます。
そして何かしらの目的としっかりと絡めるというのも英語学習において重要になってきます。

強い気持ちを持つためのポイント

英語学習の強いキモチをつくるためには、悔しい思いをするというのも良いです。
英語ができなくて悔しかったという思いがあれば、英語をできるようになりたいと強く思うはずです。
そこから生まれるできるようになりたい!という気持ちがあればしっかりと目標達成できるはずです。

失敗を恐れず思い切って様々なことにチャレンジをして失敗をしてみるというのも良いはずです。
順風満帆で英語が上達するなんてことはめったにありません。

継続できるきっかけをつくる

語学の勉強は地道で飽きやすい勉強です。
勉強すればするほどできるようになると思うものですが、それがなかなか継続できないのが実際のところだと思います。

その飽きやすいプロセスをどれだけ継続させるかというところに工夫すべき部分が多くあるのです。
実際に英語学習に成功している方は、無数にある英語の勉強法を様々試して、その中で適しているものを見つけているのです。
どうしても飽きやすい勉強方法を飽きにくくするために工夫しているのです。

多くの英語学習者が利用しているアプリなどをつかった勉強方法がありますが、この勉強方法が様々あるというのはとても大きなメリットなのではないでしょうか。
数ある英語学習機会を活かして、飽きたのであれば次の勉強方法にしてみるというようにどんどん「味」をかえて勉強していきましょう。

そうすることで、飽きることなく、驚くほど楽しく勉強をすすめていくことができるはずですよ。
どれだけ工夫をして、どれだけ飽きないように勉強を続けていけるのかが、英語学習を継続していくうえでの極めて重要なポイントになってくるんですよ。

英語を身につけるためには基礎的な知識が必要って本当なの?

英語をしっかりと身につけるためには、ある程度の知識が必要になります。
では英語を身につけるうえで必要不可欠な知識についてチェックしてみましょう。
英語をみにつけるうえで欠かせないポイントをわかりやすくご紹介します。

英語を身につけるには大きく分けて5つの知識が必要になります。
まず単語力です。
使える英語を身につけるためには単語力が極めて重要になってきます。

単語の暗記というのはかなり大変な作業ではありますが、少しずつ単語量を増やしていくのが王道になります。
リーディングやリスニングといった英語の使用を通して単語を覚えるということもありますので、英語にふれる機会を少しずつ増やすようにして、ボキャブラリーを増やしていきましょう。

次に文法力です。
英文法の学習範囲こそ広いのですが、文法は1つの項目がその他のものと関連していきますので、使える英語を身につけるには全体の知識を身に着けていくようにしましょう。
例えば、関係代名詞のみを学んだとしても、動詞の知識をもっていなければ文を読むのは困難です。
関係代名詞、動詞とどちらか一方を勉強するだけではなく、両方を広く学ぶというのが重要になります。

発音の重要性

大人の日本人がネイティブスピーカーと同じくらいの発音を身につけるためには、不可能ではないものの難しいものです。
発音は相手に不快感をあたえないくらいのレベルを目指すというのが現実的です。

そして以外と忘れられがちなのが、文化を理解することです。
というのも、日本では一般的に挨拶がこんにちは、おはよう、お疲れ様ですなどですよね。
しかし、英語では調子はどう?と訪ねてから雑談をするのがごく普通です。

挨拶の作法を知らなければ、このような接し方をなかなか受け入れられないかもしれません。

目的に合わせて学習をする

目的に合わせて学習方法を変えるのもまた重要になります。
例えば、資格試験を受験する場合には英語力だけではなく、試験を受けるためのノウハウも重要になってきます。

TOEICであれば、日本でもっとも人気な資格試験の1つです。
TOEICスコアを高くするために英語を学習する人も多いです。

TOEICはリスニングとリーディングとの2つの科目の試験になりますので、ライティング、スピーキングといったものは問われません。
TOEICで基礎的な英語力をみにつけてから、ライティング、スピーキングに移行するというのが理想的です。

英語話せるかプロジェクト「鬼」