英語学習での記憶をより強烈に焼き付けるにはどうすれば良いの?

英語学習において記憶というのは絶対に避けては通れないものです。
単語にしても文法にしても、記憶力が重要になってくるものはたくさんあります。
では英語学習における記憶の重要性についてご紹介します。

記憶力というのはいくつかの種類に分けられます。
そしていつまでも忘れない記憶もあれば、すぐに忘れる記憶もあります。
印象が強烈なことというのは何年経ったとしても忘れられないものです。
それは良い記憶も悪い記憶もなかなか忘れられないのではないでしょうか。

印象があまりにも強烈だからです。
同様に、英語の失敗で大恥をかいた時のことなどもなかなか忘れられないと思います。
実際に英語は使わなければなかなか上達しないのですが、その理由というのはt買わなければ英語に関係するエピソード記憶が構築されないということにも関係しています。

■重要なものは深く記憶される
長期記憶に残りやすいのは、重要だと認識されたことです。
生存に直接関わる重要なことはエピソード記憶を伴っていなくても簡単には忘れることができません。
大切な人の顔、大切な物事は忘れたくてもなかなか忘れられないと思います。

英語学習においても、これを言えないと大変なことになってしまうと認識したものであれば簡単には忘れないのです。
大切な書類の提出日などを忘れてしまうと、自分の人生に大きく影響しますので、わざわざ反復しなくても簡単に覚えられます。
人間は重要だと認識しただけでも驚くほどしっかりと記憶できるものなのです。

■反復したものは記憶される
ただ漫然と記憶するのではなく、声に出すようにしたり、絵や図解や文字にするのを何度も何度も繰り返すと、効率よく記憶を長期化させることができます。
受験生や英語学習者がこの繰り返す反復によってのは記憶をより深いものにするためです。

反復による長期記憶が英語学習に効果的なのであれば、多くの人が英語をスムーズに話せても良いはずです。
実際のところは、反復しているのに話せないという状態なのではないでしょうか。

■記憶をよりしっかりと紐付けするコツ
日本語を記憶する時、文法や発音などを分離せずに同じタイミングで覚えようとします。
そのため、たとえばオレンジという単語を聞いたら甘い、オレンジ色、果物といった属性をすぐにいくつも思い出すことができます。

しかし、英語だとこうはいかないのです。
英語になると属性、関連性などをまとめて覚えていないからです。
つまり、属性や関連性と紐付けていくというのがとても重要になるのです。

コメント