英語学習ならリスニング力・スピーキング力を身につける

英語学習はまずリスニング力、スピーキング力を身につけるというのがとても重要になってきます。
英語を話せるようになるためのとても重要なステップになりますので、しっかりと覚えておくようにしてください。

リスニング、スピーキングのインプットとアウトプットをできるようになるというのは英語学習において非常に重要になります。
ただ、アウトプットをするためにはまず最初にインプットをしなければなりません。
リスニング力を鍛えなければならないのです。
しかし、リスニング力を身につけるためにはリスニングというもののメカニズムを理解しておかなければなりません。

■リスニングのメカニズム
リスニングには実は2つの流れがあります。
音声知覚、意味理解というプロセスがあります。

音を聞き取るプロセスを経て、意味を理解するプロセスになります。
最初の1プロセスでは、英語の音をしっかりと聞き取ってなんという単語なのかを認識しなければなりません。

そして音が聞き取れたら、英語の意味を理解していくという2つのプロセスに移行していきます。
そこで単語や文法をどれだけ知っているのかが重要になっていきます。

簡単な文法であれば、文字を見てから意味を理解している人が大半です。
しかし、それがリスニングになると全く違います。

英語は前後の音がくっついたり脱落してなくなるなど学校で習う正確な発音で話されることがほとんどありません。
つまり学校で習ったような聞こえ方をしない英語を、聞こえるようにするというのがとても重要になるのです。

そして次のプロセスで意味を理解するためには、文法の知識が必要不可欠です。
これらの知識を使えるようになってはじめて言葉の意味がわかるようになります。

英語の音を聞き取れて、意味を理解できてさえいれば、簡単な文のリスニングはできるようになるんですよ。

■リスニング力を身につけるコツ
リスニング力を身につけるには、リスニング教材CDを何度も何度も聞いて音に慣れることです。
初心者が英語の音に慣れるためにはCDの英語教材でリスニングしてください。
CDとテキストとが一緒になっているものがおすすめです。

また、複数の教材を購入するのではなく、1つの教材で何度も繰り返し勉強してみてください。
そうすることで、少しずつではあるものの、しっかりと英語を聞く力が身につくようになっていきます。
これが英語力をしっかりと身につけるうえで極めて重要になるリスニング力を高めるコツなのです。

コメント