英語学習のゴールデンルートってなに?ゴールデンルートについて知りたい

日本生まれ日本育ちの日本人が英語を話せるようになるには、ゴールデンルートと呼ばれる一番効率の良い英語学習方法があります。
では、この英語のゴールデンルートというのは一体どのようなものなのでしょうか。
英語のゴールデンルートについてご紹介します。

このゴールデンルートというのは、中学高校でしっかりと英語の基礎的な部分を勉強してから、英語を話している国にある大学に入学する、ということです。
一見すると、幼少期から、バイリンガル教育をするのがゴールデンルートのように感じられるかもしれませんが、実はそのようなものは必要ないんです。

この流れで海外の大学に入学できると、最初の1年こそ苦労するかもしれませんが、卒業をする頃には日常会話であれば全く問題ないくらいのレベルにまで到達することができます。

大変だったと後々になって思うかもしれませんが、理想的なルートで学習できたということにすら気が付かないこともあるかもしれません。
しかし、実はこれが英語習得における最も理想的な道なんですよ。

■ゴールデンルートを自然と通れる日本人は少ない
英語学習のゴールデンルートを通れる日本人というのは決して多くはありません。
ゴールデンルートを通れないとなると、英語を本当の意味で習得するのはとても難しくなります。

多くの方は、英会話学校に行けば良いと思うかもしれません。
しかし、英会話学校に行って英語を話せるようになるのはごく一握りの人です。

というのも、英会話学校は主に英語を話せるようになるために練習する場所だからです。
基本からしっかりと指導してくれるのかといえばそうではありません。
初心者から始めて、英会話学校に行って本当に話せるようになった人は少ないはずです。

初心者で英会話学校に行き、英語を話せるようになった人が身近にいますか?
大半の日本人は英語の勉強を始めたとしても、お金や時間ばかりがかかって、なかなか上達せずに終わっていくのが多いです。
というのも、それは勉強の方法を間違ってしまっているからです。

■英語力というものを知る
英語をなかなか話せない人には2種類がいます。
勉強が不足している初心者と、練習が不足してしまっている初心者です。
それぞれ、正しいアプローチをしなければ、英語を身につけられません。

得に、英語の勉強が不足しているなら中学英語をしっかりとマスターすること、そして練習が不足しているなら、英語をもっと聞いて、口に出す練習をしなければなりません。
そうすることで、本当の意味で英語が話せるようになります。

コメント